業務案内

省エネ住宅ポイント対象住宅証明書

業務内容

「省エネ住宅ポイント制度」に係る「省エネ住宅ポイント対象住宅証明書」の発行業務を行います。

※省エネ住宅ポイント制度の概要については下記国交省HPをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000046.html

業務規定

ダウンロードする際は、各書式<PDF・Word>を選び、アイコンをクリックしファイルを保存してご利用ください。
(または、アイコンで右クリックし、対象をファイルに保存を選択してください)

業務規程pdf
業務要領pdf

省エネ住宅ポイント対象住宅基準

 一般(全ての構造)木造
省エネ性能(1)省エネ法に基づく
「トップランナー基準※1」相当※2
(3)一次エネルギー消費量等級
等級4※3
(2)一次エネルギー消費量等級
等級5※3
(4)断熱等性能等級 等級4
(5)省エネルギー対策 等級4※4
(平成11年基準)
  • ※1 省エネ法に基づく「住宅事業建築主の判断基準」をいう。
  • ※2 共同住宅の場合、本制度の対象となるトップランナー基準相当の基準として、「省エネポイント対象住宅基準(共同住宅等)」を適用する。
  • ※3 住宅性能表示基準は、平成27年4月1日から完全施行であるが、それ以前の期間も省エネ住宅ポイント対象住宅証明書の発行可能。
  • ※4 省エネ住宅ポイントのみを申請する場合は、平成27年4月1日以降の申請であっても省エネルギー対策等級4(平成11年基準相当)の基準を適用することができる。

依頼書式

省エネ住宅ポイント対象住宅証明依頼書 pdf word
変更省エネ住宅ポイント対象住宅証明依頼書 pdfword
設計内容説明書 pdfexcel
省エネ住宅ポイント対象住宅(共同住宅等)適合性確認シート pdfexcel
省エネ住宅ポイント対象住宅証明依頼書別紙(共同住宅等) pdfexcel
取り下げ届 pdfword
再発行申請書 pdfword

料金

【一戸建ての住宅】

単位:円(消費税込み)
区分 金額
一般(右記以外) 評価書等※1又は製造者認証※2が添付され、審査の一部が省略できる場合
断熱等性能等級4又は省エネルギー対策等級4 20,000 5,000
一次エネルギー消費量等級4又は5 30,000
住宅事業建築主基準(トップランナー基準) 30,000 10,000
3戸以上の一括依頼の場合、1戸につき3,000円割引

※1 当センターが交付した設計住宅性能評価書・建設住宅性能評価書・長期優良住宅技術的審査適合証・フラット35S(金利Bプラン、省エネルギー性)適合証明書・すまい給付金制度の現金取得者向け新築対象住宅証明書のうちいずれかの写し、又は所管行政庁が交付した長期優良住宅認定通知書の写し
※2 型式住宅部分等製造者認証書の写し
※全体の延べ面積が250m2以下の併用住宅の場合、一戸建ての住宅の料金とする。(「住宅事業建築主基準(トップランナー基準)」を「省エネ住宅ポイント対象住宅基準(共同住宅等)」に読み替える。)
※全体の延べ面積が250m2を超える併用住宅の場合、共同住宅等の料金とする。(別途見積り)

【備考】
※共同住宅等(賃貸住宅を除く)については、別途見積りとする。
※計画の変更に係る料金は、上記に掲げる手数料の半分の金額とする。(当センターで審査したものの変更に限る。)
※証明書の再発行は、2,000円/戸(消費税込み)とする。
※その他特別な事情により、上記に掲げる手数料が適当でないと当センターが判断した場合においては、当センターと依頼者の協議により定める額。

くわしくは当社までお問い合わせください。